第69代ドイツワイン・クイーン Katharina Staabさんに決定!

第69代ドイツワイン・クイーンが決定し、Nahe(ナーエ)地方Oberhausen(オーバーハウゼン)出身のKatharina Staabさんが選ばれました。2名が選出されるドイツワイン・プリンセスには、Hessische Bergstraße(ヘッシッシェ・ベルクシュトラーセ)地方出身のCharlotte Freiberger(シャルロッテ・フライベルガー)さん、Rheinhessen(ラインヘッセン)地方出身のLaura Lahm(ラウラ・ラーム)さんに決定いたしました。

 

クイーン、プリンセスの選考イベントに詰め掛けた多くのファンの大歓声に迎えられ、Katharina Staabさんは新女王として誇らしげに王冠を受け取り、あらゆる関係者から祝福の言葉を浴びました。27歳でマーケティング・マネージャーを務めているKatharina Staabさんは、これまでの選考試験において既にドイツワインに対する専心とその深い知識が実証されており、まさに手に汗を握るような最終選考の場で栄冠に輝くにふさわしいことを身をもって示していました。彼女のパフォーマンスはNeustadt an der Weinstraße(ノイシュタット・アン・デア・ヴァインシュトラーセ)、Saalbau(ザールバウ)で行われたこの選考試験を見守る約800名の観衆の心だけでなく、ベテラン審査員たちの心をも捉えました。そして第 69代ドイツワイン・クイーンの称号を手にした彼女は今後、ドイツワイン・インスティトゥート(DWI) からの委託を受け、ドイツワイン大使としてドイツ国内だけでなく世界各国を訪れ、年間200ものPRイベントに参加することとなります。

「何て素晴らしいことでしょう。何もかもが最高です」。受賞後まもなく、ワインクイーンに任命されたばかりのKatharina Staabさんは言葉に詰まりながらこう語りました。信じられないといった様子で「この状況が何だかとても理解しがたくて」と話す彼女の目からは涙があふれ、さらに「世界中の人々にドイツワインをPRするために、出来る限り多くの国々を訪問したいです」と、期待に胸を膨らませるコメントで締めくくりました。

前週の選考試験でKatharina Staabさんをこの最終選考会まで導いた彼女ならではのたたずまいが魅力となって、彼女がその他5名の 候補者を圧倒し、見事栄冠を手にした受賞パーティーの模様は、SWR Fernsehenで生放送されました。選考は数回にわたって行われ、その過程で彼女を含む計6名の若きワイン・エキスパートたちがワインの官能評価、効果的表現、選び方や特徴の伝え方などのスキルを披露しました。最初に与えられたタスクは、各自が選んだワインの紹介ビデオクリップにナレーションを付け、またブラインド・テイスティング(ボトルやラベルを隠したテイスティング)テストに合格することでした。続いて与えられた課題は、ゲームショー番組形式で、ランダムに選ばれた一般の消費者のワインの好みや愛飲しているワインなどを当てるクイズに正解するというものでした。

プリンセス、そしてクイーンとは?

審査員は最終候補者を3名に絞りますが、ここで大きく立ちはだかっていたのが、これら3名のうちのどの候補者にワインクイーンの王冠を授けるかという問題でした。

最終候補者3名はまず、Hagen(ハーゲン)やGunther(グンター)といった演劇世界の関連用語から出来るだけ多くのワイン用語を選別する能力を試され、さらに一人一人が自ら選んだプライベートの写真を題材に1分間のスピーチを行うよう求められました。

そんな中Katharina Staabさんは、あふれ出る魅力と自然体で落ち着いたその雰囲気で審査員を魅了し、勝利を得たのです。これにより、ドイツワインの女王という最高の栄誉は、ごく最近では2013年にNadine Poss(ナディーネ・ポス)さんがワインクイーンとなって以来4年ぶりに、ドイツワイン生産地の1つであるNahe(ナーエ)地方出身の候補者に授けられることとなりました。

一方、ワインプリンセスに選ばれた26歳のCharlotte Freiberger(シャルロッテ・フライベルガー)さんは、Heppenheim(ヘッペンハイム)のワイン生産者。「この上なく誇りに思う」と 語り、王冠を手にしました。「これから先に私を待ち受けている何もかもが楽しみで、ただただワクワクしています」。

もう一人のプリンセスに選ばれたLaura Lahm(ラウラ・ラーム)さん(25歳)はRheinhessen(ラインヘッセン)のワイン醸造研究家。「まずは家族と乾杯したいと思っています」と、同じくドイツワインのプリンセスに選ばれた喜びを言葉にしました。

発信元:Wines of Germany日本オフィス

press@winesofgermany.jp

www.winesofgermany.jp