ヴァインバウドメーネ ニーダーハウゼン - シュロスベッケルハイム: リースリングのコパー・サイド

この丘は、女性預言者ヒルデガルト・フォン・ビンゲンで有名になりましたが、ナーエ川沿いのオーデルハイムにあるディジボーデンベルクはまた、何世紀にもわたる長いぶどう栽培の歴史があります。南側の傾斜地にある跡地が、かつてディジボーデンベルクでローマ人がぶどうを栽培していたことを示しています。

現在では非常に優れたリースリング種の栽培地であるこの地は、かつて銅鉱石が採掘されていました。ぶどう栽培地「シュロスベッケルハイマー・クプファーグルーベ」は、1901年まではまさにその名が示すとおり「銅坑」でした。1901年にプロイセン王国が全域を買い取り、採鉱廃棄物を平らに均して段々畑を作り、ぶどうの木を植えました。1914年に実験的なぶどう園が完成しました。1921年、このぶどう園は世界的に知られるようになりました。その伝説的な年に、エクスレ度が380度という途方もない高さに達したリースリング・トロッケンベーレンアウスレーゼが銅山で収穫されました。

今日に至るまで、リースリングは依然としてニーダーハウゼン - シュロスベッケルハイムのぶどう栽培地の主要なテーマです。資料によると、ナーエ川の渓谷にぶどう栽培を持ち込んだのはローマ人でした。文献でぶどう栽培について初めて言及されたのは1128年で、ルペルツベルクの修道院の所有地のリストにおいてでした。そのリストには、ぶどう畑は当時ベッケルハイムと呼ばれていたコミュニティにあったと記録されています。

1901年にプロイセン王国がナーエ川沿いの険しく岩が多い亀裂だらけの傾斜地の買い取りを始めました。当時、ドイツ国内のぶどう栽培は、病気やげっ歯類、特にフィロキセラ(ブドウネアブラムシ)の被害が深刻でした。多くのワイン栽培家がぶどう栽培を断念し、農園はすべて放棄されました。このような状況で、プロイセン王国は、ドイツワインの高い評価を保つべく、経済性とワインの質において規範となる苗木を作るための国営のワイン生産農園(wine growing estate)を設立しました。

1902年に上記の農園をナーエ川沿いに設立するための最初の整備活動が始まり、1903年に最初のリースリング種のぶどうの木が植えられました。1907年、まだ若いその苗木から最初の収穫が行われましたが、かなり未熟な、若々しいワインでした。しかし1911年には、すでに最初の素晴らしいヴィンテージワインが醸造され、ついに1921年に同農園は、その伝説的な1921年のワインによってドイツ国内で最高のワイン農園の一つに冠せられました。また、同農園は1910年のVDP(ドイツ・プレディカーツワイン生産者協会)の設立母体の1つであり、今日でもそのメンバーとして存在しています。

1946年にラインラント=プファルツ州によって引き継がれた時、その国営農園はワインの質とぶどう栽培に関する研究の場として留まりました。研究者は低温発酵や肥料・農薬の実験を初めて行い、DN500と番号が付された有名なリースリングのクローンを栽培しました。今日まで、このクローンは、高いモスト重量と収穫量を上げると同時に、非常にフルーティなワインをもたらすことで高く評価されています。

2009年の夏以降、このワイナリーは「グート・ヘルマンスベルク」という名で経営されています。起業家のイェンス・ライデルによって、最も貴重なぶどう栽培地であるニーダーハウゼンのヘルマンスベルクにちなんで名付けられました。6つのぶどう園は、VDPの分類ですべてトップレベルの生産地とされており、ぶどうの木の95パーセントがリースリング種です。1910年に建てられた古いセラーや管理棟は、以前の華麗なアール・ヌーヴォー様式に戻されました。地下には90メートルの長さにわたって2つのセラーが広がっています。そこには、近代的なワイン醸造設備だけでなく、数多くの珠玉のワインが保存されています。オーク樽が並ぶセラーのすぐ横の保管所には、非常に古い1907年物のワインが大切に保管されています。



Contact

GUT HERMANNSBERG GmbH & Co. KG

55585 Niederhausen/Nahe

Phone: +49 6758 9250-0
Fax: +49 6758 9250-19
info[at]gut-hermannsberg(dot)de
www.gut-hermannsberg.de

Opening Time

Monday to Saturday 10:00 a.m. to 6:00 p.m.