カルモントぶどう園:岩がワインを生む地

モーゼル川沿いでこれ以上険しい傾斜地はありません。最大勾配が60度もあるカルモントは、全ヨーロッパで最も険しい傾斜地に作られたぶどう園です。ブレムとエディガー・エラーの間から隆起する高度290メートルの丘は、4億年前のデボン紀に誕生したもので、スレート岩と風化した硬砂岩(グレーワッケ)から出来ています。

急斜面が日射に対して理想的な角度を取り、リースリングワインのぶどうの成長に最適な温度を提供しています。スレート岩の壁が斜面を水平に横切るように形成され、粘土質のスレートの柔らかい土が滑り落ちるのを防ぐとともに、全ヨーロッパで最も険しい斜面にその独特な表情を添えています。有名なドイツの詩人ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは、かつてこの名高いぶどう園を「自然の円形競技場、そこには小さく突き出た岩の端々にぶどうの蔓が今を盛りと生い茂る」と書き記しました。

実際、カルモントのぶどう栽培は何世紀にもわたる古い伝統があります。私たちが知る最古の記録は、588年頃、当時のポワティエ司教ヴェナンティウス・フォルトゥナトゥスによって書かれた叙事詩「デ・ナヴィゴ・スオ」に見つけることができます。ヴェナンティウスは、メロヴィング朝の王キルデベルト2世のメス(フランス)からライン渓谷のアンダーナッハまでの船旅に同行しました。当時、中世では、すでにモーゼル川の船旅が流行しており、険しい斜面の岩間に豊かに茂るぶどうの木々が旅人たちの目を奪いました。「あの上では、険しく合わさった岩々がぶどうの最も貴重な甘美を生み出している」とヴェナンティウスは魅了され、さらに続けます。「葉の生い茂るぶどう畑がむき出しの山の頂上に向かってそそり立ち」、そこで「数多の色づいたぶどうの収穫を、断崖の内側にぶら下がり果実を収穫するワイン職人の手に譲り渡す。」勾配はあまりにも急で、スレート岩はあまりにもむき出しているので「岩自身がワインを生み、岩からワインが噴き出ている。」

実際、鋸状に尖った険しい岩の斜面は、現代においてもワイン職人にとって過酷な労働を意味します。斜面では手作業のみ可能で、1ヘクタールあたり最大で1800時間を要します。ぶどうは人が背に負って荷車まで降ろさなければなりません。1990年代以降、単線のラック式鉄道によって作業の辛さは軽減しましたが、この鉄道自体がワイン文化の一部であり、見る価値が十分にあります。それでもなお、険しい斜面での作業は依然として過酷で、それゆえに、今日でも22ヘクタールあるぶどう園のうち、ぶどうの木が植えられているのはたった13ヘクタールです。

ところで、「カルモント」の名の由来は、「暖かい」を意味するラテン語の「カリドゥス(calidus)」と「山」を意味する「モンス(mons)」、または「厳しさ(dure)」を意味するケルト語「カル(kal)」であると言われています。このように、カルモントは岩山を表わします ― そして、この地を訪れる人はカルモントを登ることによって、そのことを体験できるのです。目を見張るようなヴィア・フェラータ(鉄の道)が「ぶどう園のアイガー北壁」と異名を取るぶどう畑へと誘います。



Contact

Verkehrsamt Mosel-Calmont-Region

56814 Ediger-Eller a.d. Mosel

Phone: +49 2675 1344
Verkehrsamt-Ediger-Eller[at]t-oline(dot)de
www.ediger-eller.de


Recommandations for hotels and restaurants

Hotel Feiden

Moselweinstraße 22
56814 Ediger-Eller a.d. Mosel

Phone: +49 2675259
info[at]hotel-feiden(dot)de
www.hotel-feiden.de

Ferienweingut Walter J. Oster

Moselweinstraße 14
56814 Ediger-Eller a.d. Mosel

Phone: +492675 235
info[at]weingutoster(dot)de
www.weingutoster.de

Hotel zum Löwen

Moselweinstraße 23
56814 Ediger-Eller a.d. Mosel

Phone: +492675 208
info[at]mosel-hotel-loewen(dot)de
www.mosel-hotel-loewen.de