エスリンゲンのケスラー: ドイツ最古のスパークリング・ワインセラー

シャンパンの創始者は他ならぬ最も有名なブランド、ヴーヴ・クリコです。1826年7月1日、ゲオルク・クリスティアン・フォン・ケスラーが、ネッカー川沿いのエスリンゲンにドイツ初のシャンパン製造所を設立しました。

フォン・ケスラーはフランス・シャンパーニュ地方でシャンパン造りの技術を学びました。1807年に有名会社ヴーヴ・クリコ=フルノー・エ・シ(Veuve Cliquot-Fourneaux & Cie.)の店員となり、1815年に同社の重役に昇進しました。特に、活発な輸出事業を打ち立ててシャンパンセラーを繁栄の極みへと導いたのはケスラーでした。しかしながら、1824年に全事業を最高責任者として受け継ぐという彼の計画は陰謀によって頓挫しました。 このことが、エスリンゲンとドイツにとっては幸いしました。ケスラーは故郷の街に戻り、1826年、カイシャイマー・プフレークホーフ(Kaisheimer Pfleghof)の旧ワイン圧搾所にG.C. ケスラー&カンパニー(G.C. Kessler & Compagnie)社を設立しました。最初のスパークリングワイン4000本がピノ・ノワール・プレコーチェから作られ、「ヴュルテンベルク産スパークリングワイン」という控えめな名で販売されました。それにもかかわらず、シャンパンの技法で造られたそのスパークリングワインは直ちに成功を収めました。最初の10年で、ケスラーのスパークリングワインは約50万本売れました。1829年には、ケスラーはすでにロシア、英国、米国に輸出していましたが、その一方で、その主要な市場は依然として、宮廷をはじめとするヴュルテンベルクにありました。 1832年、ケスラーはシュパイアー・プフレークホーフに最初の地下セラーを購入しました。正面(ファサード)が印象的なその建物は、以前は十分の一税が徴収されていた場所で、おそらく1213年頃に建てられたとされていますが、今日までケスラーのシャンパン会社の本社および主な醸造所として存続しています。1842年にケスラーが死去し、その年の同社の売り上げは年間46,500本でしたが、当時、事業はすでに後継者のカール・ヴァイスによって引き継がれていました。1850年のライプツィヒ・フェアで、ヴァイスは初の新ブランド「ケスラー・キャビネット」を発表しましたが、これは知られているものの中では最古のドイツのシャンパンブランドです。ケスラー社の成功は20世紀を通じて続きました。ケスラーのシャンパンは、有名な飛行船「LZ 127グラーフ・ツェッペリン(ツェッペリン伯)」号の世界旅行でも出され、その後、1956年に同ブランドはコンラート・アデナウアー首相によりドイツ連邦政府の政府レセプションの公式シャンパンに指定されました。 それにもかかわらず、ケスラー社は2004年に倒産しましたが、エスリンゲン出身の企業経営者クリストファー・バウアーが再建して、シャンパンセラーはなんとか閉鎖を免れました。バウアーのおかげで、今日でもシャンパンクーラーを持った2人のスチュワードが、お客様にシャンパンを給仕しています。ボトルに描かれた2人のスチュワードはケスラー社のブランドマークです。その絵は1904年に、他でもない、当時の有名な風刺雑誌「シンプリチシム」の漫画家だったヨーゼフ・ベネディクト・エングルによるものです。今日、ケスラーのシャンパンはそのヴーヴ・クリコの伝統を受け継ぐ独自のスタイルのおかげで再び受賞を重ねています。すべての歴史と現代のシャンパンは、エスリンゲンの中心に新しく建てられたKessler Karrée 18でご覧いただけます。同館にはバー、テイスティングエリア、そして歴史的な地下セラーが備えられています。



Contact

Kessler Sekt GmbH & Co. KG

73728 Esslingen

Phone: +49 711 31 05 93-0
Fax: +49 711 31 05 93-50
www.kessler-sekt.de

Opening Time

KKESSLER Karree 18

Monday to Friday 10:00 a.m. to 7:00 p.m.
Saturday 10:00 a.m. to 4:00 p.m.