ボッパルダー・ハム:ライン・ワインカントリー最大の蛇行

ミッテルラインに近接する最大のぶどう園は、ライン・ワインカントリー最大のループ(蛇行)地点にある、ぶどうの蔓に覆われた地区ボッパルダー・ハムです。この名称はおそらく鉤または曲がった(折れた)を意味するラテン語の「ハムス(hamus)」に由来し、川がS字状に屈曲している様を表しています。

体系的なぶどう栽培法は、ローマ人が最初に伝えたと考えられています。370年にローマの要塞がこの地に築かれ、ワインは兵士の日々の糧食に付き物でした。643年にはぶどう栽培が公文書化されました。狭いライン渓谷沿いの小さな町、すなわち、2002年にユネスコ世界遺産に登録された今日のミッテルライン・ワイン生産地域の小さな町にとって、ワインは今日に至るまでずっと最も重要な取引商品でした。ボッパルトの特に高台からは、ライン渓谷の最も壮大な眺めを望むことができます。

現在のぶどう園の面積は、約75ヘクタール(185エーカー)で、主にリースリング種が栽培されています。南向きの斜面の傾斜角度は日光の採取に理想的な角度となっており、川に近接する土地が熱源を提供し、保温性のある石を多く含んだスレート土壌が、繊細なミネラルのトーンとアップル、ミント、そして多様なハーブやスパイスを思わせる芳香をもつ極上のリースリングワインを生産するための完璧な条件を提供してくれるのです。

今日でもなお、このような急斜面での労働集約的な手作業がワイン栽培家の1日を特徴付けています。現在でも約16名がボッパルダー・ハムでぶどうを栽培しており、過去そして現在でも、ボッパルダー・ハム地域で、さらにはミッテルライン地域全体で最も重要なぶどう品種であるリースリングを、全体で年間約60万リットル生産しています。

「ミッテルライニッシュ・ヴァインフリューリンク」(ミッテルライン・ワインの春)は、数十名のボッパルトのワイン職人が自社のワインに珍味を添えて披露する季節の呼び物で、特別に「美味しい」ラインとワインの体験が提供されます。

もっとアスレチックな挑戦を求めている人々には、ミッテルライン「クレッターシュタイク」があります。「クレッターシュタイク」とは、フィックスロープ・クライミングルート(登攀路)またはヴィア・フェラータ(イタリア語で「鉄の道」)のことで、2006年にドイツアルペンクラブの協力を得て開発されました。クライマーは険しい岩の表面を11のルートを通って約3時間かけて登ることができます。ご褒美は、ボッパルダー・ハムの頂上から望むラインの壮大な眺めです。



Contact

Tourist Information Boppard

56154 Boppard

Phone: +49 6742 3888
Fax: +49 6742 81402
tourist[at]boppard(dot)de
www.boppard-tourismus.de


Recommandations for hotels and restaurants

Bellevue Rheinhotel

Rheinallee 41-42
56154 Boppard

Phone: +49 6742 102-0
Fax: +49 6742 102-602
info[at]bellevue-boppard(dot)de
www.bellevue-boppard.de

Bopparder Weinkontor "Im Historischen Turm"

Heerstr. 197
56154 Boppard

Phone: +49 6742 801804
Fax: +49 6742 801824
leue[at]bopparder-weinkontor(dot)de
http://www.bopparder-weinkontor.de/