2008年以降から続くドイツの白ワインの消費傾向は今年も向上しました。

ドイツワインの辛口白がトレンド

03/29/2017

2008年以降から続くドイツの白ワインの消費傾向は今年も向上しました。ProWein(国際ワイン展示会)に先立って、DWI(ドイツワイン・インスティテュート)は、現在、ドイツのワイン販売の43%を白ワインが占めていると発表しました。

市場白ワインの市場占有率は、2016年に赤ワイン消費の低下と対照的に2016年は1%上昇、2008年に比べて6%増加しました。一方赤ワインは、2016年は47%のワイン販売を維持しています。

味わいにおいては、ドイツの消費者のほとんどは、辛口ワインを好んでいるそうです。 2016年は前年同様、生産者たちは品質保証されたワインの46%を辛口に仕上げていましたが、21%は需要に応じて半辛口のものも生産されました。

また、甘口ワインの生産量は昨年2%増加しました。

v