各国のワイン~アルコール飲料、飲食専門誌にて、Generation Rieslingが取り上げられています。

メディアにおけるGeneration Riesling

07/13/2016

各国のワイン~アルコール飲料、飲食専門誌にて、Generation Rieslingが取り上げられています。

1.「The Drinks Business」2012年11月号

「Generation Riesglingに代表されるキャンペーンの成功が功を奏し、輸出市場、特にスカンジナビア諸国において、ドイツの赤ワインが導入される契機となった」

2. Jancis Robinson(Master of Wine)2016年2月

「質に対してリーズナブルな価格のドイツワインを見つけることは難しくありません。ドイツ・プレディカーツワイン協会(VDP)のメンバーでは(まだ?)ない新進気鋭の若手生産者を探せばよいのです。Generation Rieslingは、志の高い造り手のワインと比較的リーズナブルな価格という、ベストなコンビネーションを探す上で近道となる、いくつかの生産者グループのひとつです」

3. 「quench magazine」 ― カナダ 2013年11月

「Generation Rieslingの新進気鋭のワイン醸造家は新しい手法で消費者の心をつかみ、辛口のワインをメインに、量よりも質を重視したワイン造りで、ラベリングや価格の体系を変えるに至った」

4. Stuart Pigott(英国のワイン評論家・著者)2016年6月

「Generation Rieslingは『ユングヴィンツァー』、すなわち若手醸造家の最大のグループであるのみならず、ドイツワイン業界に継続的に大きな影響を与えている組織です。これはひとつには、新しいメンバーと退会するメンバーが定期的に入れ替わることで、継続的にグループがリニューアルされることによるものでしょう。Generation Rieslingによってドイツのリースリングのみならず、ドイツワイン業界に新しいダイナミズムを生み出してきた若手生産者のクリエイティブなワイン造りに注目が集まっています。
Generation Rieslingのメンバーについて最も着目すべき点は、彼らのワイン造り対するリラックスしたアプローチです。彼らにとっては、できるかぎり魅力的で自身の個性が現れたワイン(主に辛口ワイン)を造り出すことこそがすべてです。求めるワインを造るのに、ぶどう品種や栽培地を微調整するだけで済むのか、大改革が必要なのかは、彼らにとっては大きな問題ではないのです。
ドイツのソーヴィニヨン・ブラン、あるいは色が濃く渋みが強いドイツの赤ワインなどは彼らによって発展し、Generation Rieslingの革新的なメンバーに限らず、その他多くのダイナミックなドイツワイン生産者にも広まりました。Generation Rieslingの設立以来、メンバーはあらゆる新しいワインのトレンドに関わっています。
2006年6月6日、Generation Rieslingがロンドンで最初のプレゼンテーションを行ったとき、私はベルリンの自宅でFrankfurter Allgemeine Zeitungの日曜版に掲載するコラムを執筆中でした。2001年9月にスタートして以来コラムの半分がドイツワインについての記事であり、その中でも最も重要なトピックのひとつは新しい世代のワイン生産者でした。」

v