35歳未満。モダンで、高品質、そしてダイナミックなドイツのワイン造りの旗手。それは、今年10周年を祝う若手醸造家団体であるGeneration Rieslingのメンバーです!

Generation Riesling(ジェネレーション・リースリング)10周年 

07/12/2016

35歳未満。モダンで、高品質、そしてダイナミックなドイツのワイン造りの旗手。それは、今年10周年を祝う若手醸造家団体であるGeneration Rieslingのメンバーです!

2016年6月13日、フランクフルトにおいて「Ten years young」をテーマに10周年のバースデーパーティが開催されました。ドイツ・ワインインスティトゥート(DWI)のイニシアチブによって生まれたこの団体はは今や530名以上のメンバーを抱え、世界最大の若手醸造家グループとなりました。DWI社長モニカ・ロイレは述べています。「私たちは誇りと共にGeneration Rieslingの成功の軌跡を振り返ります。彼らの活動によってドイツワインの若々しくモダンななイメージは、目に見える形で世界に向けて発信されました」。

本物志向と創造性

ベルリンでカルト的人気のレストラン、Nobelhart & SchmutzigのソムリエのBilly Wagner氏も同様に述べています。「Generation Rieslingはボトルの埃を払い落としました。ドイツワインは若いのです!」ワイン評論家・著者・ジャーナリストのStuart Pigott氏も、若手生産者のワイン造りの姿勢に特に感銘を受けています。「彼らにとっては、できるかぎり魅力的かつ自身の個性が現れたワイン(主に辛口ワイン)を造り出すことこそがすべてです。求めるワインを造るのに、ぶどう品種や栽培地を微調整するだけで済むのか、大改革が必要なのかは、彼らにとっては大きな問題ではないのです。」
ベルリンの人気レストランCordobarとハンブルグ近郊リュッチェン湖畔のFischerklauseのオーナーで、ソムリエのGerhard Retter氏は、Generation Rieslingが伝統とモダンを組み合わせることにおいて大きな成功を収めた事実を次のように称賛しています。「本物志向で、クリエイティブ、しかも自身の『起源』を意識しています。品質とノウハウにほんの少しの格式ばらない気安さが加わって、ドイツワインに新しい、フレッシュで刺激的な感覚を与えています」

2006年以来、国内外のステージで活躍

ドイツ・ワインインスティトゥート(DWI)は、既存の利害グループとのつながりをもたない若いワイン生産者に国内外の活躍の舞台を提供することを目的として2006年にGeneration Rieslingを立ち上げました。以来、メンバーは国内外のワインイベント、あるいは「ベルリン・ファッション・ウィーク」のようなファッションイベントにおいても、プロモーションを展開し成功を収めてきました。ドイツの首都、コペンハーゲン、アムステルダム、バンクーバー、東京、ミュンヘン、ハンブルグのいずれにおいても、ジェネレーション・リースリングのメンバーは常に大きな関心と高い評価を受けています。
「Generation Rieslingの目的は、できるだけ沢山の若者を引きつけるムーブメントを作り出すことです。そして私たちはそれを上手くやり遂げています」DWI社長モニカ・ロイレは述べています。Generation Rieslingとは、高い水準の教育を修め、国際的で志が高く、ドイツワイン産業の次世代を担ってゆく意欲的な若手世代です。協同組合、個人のワイナリーの醸造家、所有者またはセラーマスターのいずれは問いません。グループの名前は国内外で大きな注目を集めるように、ドイツの代表的なぶどう品種リースリングにスポットライトを当てています。すべてのドイツワインのぶどう品種を代表する、アイキャッチの役目です。

豊かな人脈と創造性

2009年から毎年開催されているフォーラムで、DWIは若手醸造家と共に未来に向けた新しいアイデアとマーケティング・コンセプトを企画しています。その一例がウェブサイトwww.generation-riesling.deで、メンバーのプロフィール、ワイン、ニュースを紹介しています。また、SNSも活用し、フェイスブックでは約4,000人のフォロワーを獲得しています。
さらに、10周年を機に新しいロゴがデザインされました。「グループが体現するダイナミズム、コスモポリタニズム、そしてイノベーションを、目に見える形で表現することを目指しました」DWIのロイレ社長は述べています。
すべてのメンバーがドイツワイン業界の大使として、個性を発揮させつつ協調して活動しています。このグループ内での建設的な交流はメンバーにインスピレーションと意欲を与え、その結果、オープンで絶えず成長を続けるムーブメントがますます活発になり、ワイン業界全体に活力を吹き込んでいます。

v